ご入園・ご進級、おめでとうございます!

  • 2005年04月18日(月)更新
「かわもりだより」第1号より

優しい春の日差しに誘われて、つぼみだったお花も咲き始めました。さあ、新年度がスタートしました。新しいバッジを胸にうれしくて仕方のない様子の子どもたち、新しい環境に不安を抱えている子、特に初めての園生活を過ごすお子さんはドキドキ。表情は実に様々でした。

「僕のマークはこれだ!」と新しいマークを確認して靴をしまい、川・森の部屋へ。キョロキョロとあたりを見回して、出席カードにシールをはり、荷物を整理して一日のスタートです。

新入園児のお子さんもみんなの前で自己紹介し、好きな食べ物などインタビューに答えると、緊張していた表情から、かわいい笑顔が見られました。

これから始まる川・森の組の生活!水あそびが好きなのは誰だろう…踊りが好きなのは誰だろう…考えるとワクワクしてきます。一人ひとりの成長の歩幅に合わせながら、保育を進めていきたいと思います。

一年間、よろしくお願いいたします。

子ども大好き!どろんこ遊び

  • 2005年06月01日(水)更新
「かわもりだより」第2号より

子どもたちはどろんこ遊びが大好き。お天気の良い日には、あちらこちらでどろんこ遊びがさかんに行われています。フライパンやナベにさらさら土を集め、水を入れ、しゃもじでかき混ぜる様子は、まるで小さなお母さん。コーヒー、チョコレート、プリン、ケーキ、ご飯といろいろな料理が出来上がっていきます。

また、泥だんご作りにもさらに磨きがかかり、鉄球のような色、つやのある泥だんごも‥どうやら土と水に子どもたちならではの「こだわり」があるようです。

みんな生き生き&楽しく

  • 2005年07月17日(日)更新
「かわもりだより」第3号より

子どもたちは若葉のように生き生きとしています。
少しずつ園生活に慣れ、年中組としての意識やお友達とのかかわりもさらに増え、毎日楽しく過ごしています。

行ってきました、安藤勇寿「少年の日」美術館

  • 2005年07月26日(火)更新
「かわもりだより」第4号より

一人の欠席者もなく、みんなを乗せた園バスは、朝7時、予定どおり出発しました。少し緊張して登園した子もいましたが、バスの中では笑顔で友だちとおしゃべりを楽しんだり、外の景色を眺めたりと元気いっぱい。1時間ほど走ると、道の駅「田沼」に着きました。ここでトイレタイム。外の空気をすって再びバスへ。

人家もまばらになり、山間部を走っていくと、とんがり屋根の白い建物が見えてきました。ここが、安藤勇寿「少年の日」美術館です。

入り口には丸太で作られた12色の色鉛筆のオブジェが、自然とマッチして立っていました。幼稚園にある色鉛筆も、この美術館をヒントに作られました。

開館まで1時間ありましたが、お庭にあるともだちの家(絵を描く部屋)やきょうだいの家(ミニ図書館)を開放してくださり、子どもたちはそれぞれの家に行って楽しんでいました。中のテーブルやイスまでもが、鉛筆をモチーフに作られていました。フラフープ、竹馬、ポックリや車輪ころがし、ブランコなどの遊具があり、思い思いに楽しんでいたようです。

開館の時間。二人組で並んで美術館の中へ。館内に飾られた絵は、どれもこれもが色鉛筆で丹念に描かれており、ランニング姿の少年や、台所で炊事をするお母さんの姿など、昭和20〜30年代の懐かしい光景が絵になっていました。大きなキャンバスに描かれた桜は、花びらが一面に散りばめられ、子どもたちの目を引いていました。

お庭では、お茶や美味しいパンをご馳走になりました。
館長の安藤勇寿さんといっしょに記念写真を撮り、一人ひとり握手してもらいました。

朝の美味しい空気と芸術を堪能し、美術館を後にしました。

本当にお世話になりました。

ふじみまつり - 成し遂げた喜びは、自信になります

  • 2005年08月12日(金)更新
「かわもりだより」第5号より

ふじみまつり本番(7/17)。
お天気にも恵まれ、登園してきた子どもたちの表情にはどことなく気合いを感じます。
お化粧をしてもらうと華やかさも増し、園内はいっきにお祭りモード。

年中組は、2台のおみこしに分かれて出発。
「わっしょい、わっしょい」
かけ声も元気に息が合い、おみこしも軽やかに舞っています。
‥が、結城駅に着く頃には少しパワーが落ちてきたようです。
でも、情報センター前で水分を補給すると元気復活!

足銀駐車場では、スイカが用意され、またまた元気いっぱいに。

健田神社では、宮司さんにおはらいをしていただきました。
ここでおみこしをチェンジして、幼稚園へ。

途中、Rおじいちゃんに、
「年中組が一番元気がいいなぁ」とほめられました。

一つのことを成し遂げた喜びは、大きな自信につながっていきます。

家族のご協力あってのふじみまつり。
皆様のご協力に感謝いたします。

next関連記事 ふじみ祭り☆無事終了!

2学期、いろんなことに挑戦しよう!

  • 2005年10月10日(月)更新
「かわもりだより」第7号より

始業日、ニコニコ顔で「せんせい、○○に行ったんだよ」と
目を輝かせて話しをする子どもたち。
夏休み帳「ふじみのこども」を読ませていただき、
子どもたちの楽しかった様子や感動がこちらまで伝わってきました。

幼稚園では、たますだれの花が満開になって、
子どもたちの登園を待っていました。

「みんなでお花見をしてきたら」の園長先生の提案で、
早速、園のまわりを散策にでかけました。
花組さんの手をしっかり引いて歩く姿は、
何だかとっても頼もしく見えましたよ。

2学期は運動会、遠足、つくるてんなど、大きな行事が目白押し。
いろいろなことに挑戦しながら、
楽しんでいきたいと思います。

8、9月生まれのお誕生日会

  • 2005年10月29日(土)更新
「かわもりだより」第8号より

今回は、大きくなったら「野球選手」になりたいS君、
「忍者」になりたいH君の二人。
おめでとうございます!

お母さん方の出し物は、
紙芝居、イントロクイズ、椅子取りゲームなど盛りだくさん。

クイズに正解すると、
ヨーヨーがもらえたりして、大盛り上がり!

ご協力いただいた皆さま、
ありがとうございました。

来年のうちわ体操が楽しみです

  • 2005年11月03日(木)更新
「かわもりだより」第9号より

年中組も後半になりました。
秋の運動会では、大きな成長が見られたのではないでしょうか。

運動会の旗を描いたり、小道具を作ったり、
少しずつ運動会への期待をふくらませてきました。

一人ひとりの旗の絵の中には、
年中さんらしいこだわりがあり、
テーマやメッセージが込められています。

年長さんの「うちわ体操」を見て、
いっしょに練習していた子もいました。
来年のうちわ体操が楽しみですね。

next「運動会」関連記事

「つくるてん」を無事終えて

  • 2005年12月29日(木)更新
「かわもりだより」第10号より

つくるてんの1週間前は、
風邪などで欠席する子も多く
当日の参加者数が気になりましたが、
当日はたくさんの方にご参加いただきました。

とくに「親子でつくろう!」では、
うれしそうな子どもたちの笑顔はもちろん、
チェーンソーでトーテムポールをつくる頼もしいお父さん方の姿、
おもちつきで力強い姿を見せてくれたおじいちゃんの姿、
おいしい料理などで協力してくれたおばあちゃんの姿などなど、
いろいろな場面で、いつもと違う家族の発見もあったのではないでしょうか。

参加する皆様の一人ひとりのお力により、
とても楽しいイベントにすることができました。
ありがとうございました。

小さな体験が大きな成長につながる

  • 2006年01月15日(日)更新
「かわもりだより」第11号より

昨年末より冬将軍が猛威をふるっていますが、
子どもたちは寒さにも負けず、
コマまわしや縄とび、トランポリン、どろんこ遊びなど
元気いっぱいです。

体を使い、指先や頭を使い、心で感じながら、
子どもたちは様々なことに挑戦しています。

一つひとつの体験が自信となって、
これからの成長の基礎になるのです。

これからまた、子どもたちがどんな姿を見せてくれるのか、
とても楽しみです。

年長組へのステップアップ!

  • 2006年02月20日(月)更新
「かわもりだより」第12号より

子どもたちは冬の寒さにも負けず、
外で元気に遊んだり、室内でカルタ取りに夢中になるなど、
それぞれに園生活を楽しんでいます。

時には楽しく、時には真剣に取り組み、
年長組になるための意識を少しずつ高めていけるよう、
がんばっていきたいと思います。

2月末は子ども会です。
練習も始まっています。
一方で、カゼでお休みの子もいますので、
手洗いやうがいなど、日頃の予防を習慣づけしましょう。

もうすぐ春ですね〜

  • 2006年02月27日(月)更新
「かわもりだより」第13号より

暦の上では立春を迎えましたが、
寒さはまだまだ厳しいようです。

春を思わせる陽気に、
園庭では砂遊びや泥団子づくりが盛んに行われていましたが、
一転して強い寒波の来襲にびっくり。

寒くなったり、暖かくなったり、
子どもたちも同様に、前に進んだかと思うと、
後戻りをしてみたり、一歩一歩成長しています。

年中組も子ども会にむけて意欲を高めています。
楽しみながら自分を表現できたらと思います。

子ども会を終えて

  • 2006年03月13日(月)更新
「かわもりだより」第14号より

冷たい雨の一日でしたが、
子どもたちは元気いっぱい!
一人ひとりの個性が光っていました。

とくに劇遊びは、大好きなお話でもあり内容を理解しているので、
自然と子どもたちの中からセリフが生まれてきました。
自分のなりたい役に挑戦して、楽しみながら取り組んでいました。

子ども自身が「やりたい!」と思う気持ち、
子どもが中心であること、
そして自分たちでやったという達成感、
それがふじみ流の子ども会だと考えます。

また一つ、大きくなりましたね。
雨の中、本当にありがとうございました。

元気に登園!子どもたち

  • 2006年04月16日(日)更新
「かわもりだより」第1号より

満開の桜の花が子どもたちを迎えるように、
元気に登園してきた子どもたち。

新しく入ったお友だちも、
さっそく好きな遊びを見つけて楽しんでいる子もいれば、
じっとお友だちの姿を見てから遊び始める姿も見られました。

進級児は、新しいロッカーのマークや帽子に喜び、
憧れていた年中組の部屋で遊ぶことができて、
とても満足そうでした。

これからの子どもたちの成長が楽しみです!

入園式

  • 2006年05月07日(日)更新
「かわもりだより」第2号より

朝から雨が降ったりやんだりでしたが、
子どもたちが集まるころには
すっかり雨雲もどこかへ行ってしまったようです。
やはり、ふじみっ子パワーはスゴイ!

お父さんやお母さん、家族の方に手を引かれ、
とてもうれしそうな子どもたち。
一人ひとり返事も上手にできましたね。

年長組やつむぎ座キッズによる歓迎の歌や遊びでは、
いっしょに口ずさむなど、楽しい時間を過ごすことができました。
また、園長先生のタマネギの話は、
どうぞ心の中に入れておいてください。

これから一年間、楽しいことがたくさん待っています。
笑ったり泣いたり‥一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。

イチゴつみ&春山木工遠足

  • 2006年05月25日(木)更新
「かわもりだより」第3号より

朝、登園すると「イチゴ狩り、楽しみにしてたんだよ」や
「雨が降ってるよ」と天気を心配したりと、
待ちきれない様子の子どもたち。
いつの間にか雨も吹き飛び、年中組、年長組、そろって元気に出発!
残念ながら1名お休みとなってしまいましたが、
次の遠足は全員そろって参加できると良いと思います。

いちごの里に到着すると、
年長さんと手をつなぎ、2つのグループに分かれ、
おみやげ用のパックとイチゴのヘタを入れる紙コップをもらい、
イチゴ摘み開始!
時間内で好きなだけ食べていいので、
夢中でイチゴをほおばる子もいれば、
どのイチゴが良いか真剣に選びながら食べる子、
おみやげ用のイチゴを一生懸命に摘む子、
食べるのに忙しく全くパックに入っていない子‥など様々でした。

春山木工では、家具や小山市間々田の「蛇祭り」をモデルとした
木のおもちゃを見せていただいたり、
ブンブンごまや木ゴマのやり方を説明していただきました。
特別にブリキのおもちゃをさわらせていただき、
自分たちでゼンマイを巻いたりしました。

大人も子どもも夢中になれる空間です。
ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

大満足の遠足でした!

みんなでカラダを動かして!

  • 2006年06月01日(木)更新
「かわもりだより」第4号より

エノキや桜の木の葉が青々と生い茂る園庭では、
子どもたちのにぎやかな声があちらこちらで聞こえてきます。

エノキの木の実やさくらんぼを拾って集めたり、
プランターを動かしてはダンゴ虫探しに夢中です。

この1週間は天気がぐずついていたため、
ホールで体操したり、椅子取りゲーム、花いちもんめなど、
みんなで体を動かして過ごしました。

日々成長する子どもたち!

  • 2006年07月25日(火)更新
「かわもりだより」より

園庭では鬼ごっこにかくれんぼ、
虫探しに泥んこ遊びと、子どもたちは毎日大忙しです。
自分の好きな遊びを見つけて、友だちとの関わりを持ちながら
楽しく過ごしています。

6月のプレイデーでは、
日々成長し、変化していく子どもたちが目に見えて分かりました。
毎日が子どもたちとの体力勝負でしたが、
子どもたちも小さなカラダで一生懸命取り組んでいました。
秋の運動会はぜひ晴れてもらいたいものです。
どのような子どもたちの姿が見られるか、今から楽しみです。

がんばったね!ふじみまつり

  • 2006年08月19日(土)更新
「かわもりだより」より

(7月)
天候が心配されたふじみまつり。
途中、小雨に降られましたが、
最後まで全員でおみこしをかつぐことができ、
本当に良かったと思います。

町内めぐりよりも長い距離を歩くので大丈夫だろうか‥
と心配もありましたが、
子どもたち一人ひとり、よく頑張りました。

「わっしょい!」のかけ声とともに
みんなでおみこしをかつぐ楽しさが、
子どもたちにも伝わったのではないでしょうか。

子どもだけでなく、
大人も楽しまなければ子どもたちには伝わりません。

保護者の皆様のご協力があってこそのふじみまつりです。
無事に終わることができ、本当にありがとうございました。

2学期も子どもたちと楽しく

  • 2006年08月22日(火)更新
「かわもりだより」より

たくさんの行事や、日々の生活を通して
子どもたちの成長が見られたのではないかと思います。

遊びの中や、友だちとの関わり、
園生活の中でルールやきまりを守れるようになったり、
パンチしてしまった‥キックしてしまった‥お友だちはどんな気持ち?

そういう時はどうしたらいい?など、
クラス全員で話し合う機会も作ってきました。

まだまだ甘えたいという気持ちが強い子どもたちですが、
少しずつ、気付いた子が「それはやっちゃいけないんだよ」
と教えていたり、自分のことは自分でやろうとする姿も見られました。

2学期も、一つひとつの積み重ねを大切に、
子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います。

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

関連ページ


情報発信


アーカイブ


このブログを検索