公式サイト | ツイッター | フェイスブック | インスタグラム | LINE | 二代目ブログ


入園申し込み&ご相談 受付中!
入園パンフレット リーフレット

未就園児子育て支援
ポニー組だより 最新号


よこはま・えんそく

  • 2017年12月10日(日)更新
もうすぐ、年長組さんの横浜遠足です。体力もかなりついてきた子供たち。当日は、結城から横浜まで電車で移動、シーバス乗船を皮切りに、港町・横浜の街並みや中華街の中華料理、クリスマスの雰囲気などを存分に味わいながら、歴史と文化にあふれた独特の空気感を体験します。


「ヘラクレス」体験遠足(9枚)

  • 2017年12月06日(水)更新

雲ひとつない晴天。まさに遠足日和の一日でした。

園バスに乗って、年中組さんと年長組さんの希望者が参加。場所は、古河市総合運動公園内のイベント広場。そこに「ヘラクレス」の登場です!

大きなカブトムシ型のロボットがこちらにゆっくりと進んでくるだけでもう大興奮の子供たち。間近に来ると、巨大なヘラクレスのあまりの迫力に一瞬言葉を失う子も。でも、じっくり観察しながら、動いている赤い角に4人ずつ乗っけてもらうと「はやく乗りた〜い!」とみんな元気いっぱいに。

続いて後部座席にも4人ずつ乗り込み、出発進行〜。少し進むとなんと、座席が斜め45度に!あまりの驚きと楽しさで声が出せないくらいの感動です。 「楽し〜い!」「空を飛んでるみたい!」と子供たち。

乗るだけではありません。お友だちが乗ってる様子を横から後ろから観察したり、ヘラクレスと競争したり、いろいろな楽しみ方を心置きなく満喫していました。

最後に、ロボットを開発した高橋さんや古河市広報担当の方などにみんなで「ありがとうございます!」とご挨拶。

今回も、とても楽しい遠足となりました。

みかん狩り遠足(年少組)

  • 2017年11月19日(日)更新
心配していた強風も吹くことなく、穏やか。とても過ごしやすく、最高の遠足日和でした。出発からお迎えまで、みんなの笑顔が絶えることはありませんでした。本当に楽しい一日となりました。

*大まかな流れはツイログでご覧になれます。
http://twilog.org/FujimiYochien/date-171119/asc


週末、東京スカイツリー遠足へ

  • 2017年10月15日(日)更新
週末、年中組さんは東京スカイツリー遠足に行く予定です。子供たちと引率の先生たちだけの東京遠足。電車に乗って、バスに乗って、スカイツリーはもちろん、浅草界隈の各所も散策して、地下鉄にも乗って、結城と東京を往復する「小旅行」、子供たちにとっては「大冒険」です。
*写真は、前回(約1年前)の遠足の時に大横川親水公園から撮ったスカイツリーです。


見学:子ども童具玩具展

  • 2017年09月05日(火)更新
ミニ遠足気分で結城市民情報センターへ。見たことのないおもちゃなどがたくさん展示されていて、子供たちは大喜び!遊んでみたり、じっくり鑑賞したりなど、楽しい時間を過ごしました。「子ども童具玩具展」は明日まで開催しています。お時間のある方は是非!


遠足:蓬山アスレチック場

  • 2017年06月17日(土)更新
年中組さん遠足。芸術の次は、思いっきり水あそび!佐野市・蓬山、水上アスレチック。昼食を終えると早速、水着に着替えて、眼下に広がるアスレチック場へゴー!それまで静かだったアスレチック場があっという間に賑やかに。まるで幼稚園の園庭のように、縦横無尽に遊ぶ子供たち。一人ひとりが満面の笑みで、歓声と水しぶきを上げながら、遠足の楽しさと喜びを思いっきり表現していました。

一日の流れ
http://twilog.org/FujimiYochien/date-170617/asc


遠足:「少年の日」美術館へ

  • 2017年06月17日(土)更新
年中組さん遠足。園バスに乗って、安藤勇寿「少年の日」美術館へ。すべての作品が色鉛筆で描かれていることを伝えるとみんなびっくり。安藤先生の感性の一端に触れた子供たちは、これからの製作活動などをとおして、この日この場所での体験をきっと活かしてくれると思います。

一日の流れ
http://twilog.org/FujimiYochien/date-170617/asc


みんなで作品展を見学

  • 2017年06月16日(金)更新
自分が製作した作品を見つけるのも楽しみの一つです。場所は、結城市民情報センター1階。日曜日まで開催しています。ぜひご家族でご覧になってください。


親子わくわく講座

  • 2017年06月02日(金)更新
親子わくわく講座@しるくろーど3階多目的ホール。年長組さん、頑張りました。ありがとう〜😄

初めての会場ということで、子供たちはもちろん、先生たちもドキドキでした。以前の会場だった中央公民館より広いものの、四方に窓がない分、天井の高さとも相まって、参加した親子のみなさんも含めて、最初はなんとなく落ち着かない感じもありました。でも、演目を一つひとつ演じていくうちに、子供たちもお客様も、少しずつ緊張がほぐれてきて、終盤にはお互いの距離感がぐっと縮まったような気がします。さすが年長組さん、まさに面目躍如、着実に練習を重ねてきた成果を本番でしっかりと出すことができました。臨機応変にみんなで助け合いながら取り組む姿も印象的でした。一人ひとりの成長を実感する貴重な1時間となりました。年長組のみんなに感謝です。


ライオンキング遠足:今日の体験がきっとどこかで花開く

  • 2017年05月20日(土)更新
再開発のため、この劇場でのライオンキング観劇はこれがラスト。一つの節目となる遠足となりました。結城駅から電車に乗って、子供たちと先生だけで上野東京ラインで新橋まで。そこで山手線に乗り換え、一つ目の浜松町駅を下車、その後は芝離宮や竹芝桟橋などを巡り、午後1時の開演30分前には四季劇場の観客席に座っていました。そこから休憩をはさんで約3時間の長丁場。大人でも少し長く感じるくらいなので、年長組のみんなは本当によく頑張りました。一人ひとりの感想はいろいろでしょう。感動した子も、そうでなかった子も、どちらにしても貴重な体験に変わりありません。今回の経験が、きっとどこかで花開くことを願っています。お家にもどったら、ライオンキングの印象はもちろん、楽しいお土産話をゆっくり聞いてあげてください。お疲れさまでした!参加してくれた卒業生のみんなもありがとう!

一日の流れをツイログで




入園のご案内

親子で無料体験!
ポニー組ファースト

卒業生のみなさんへ

ブログ担当:愛犬ミロ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

このブログを検索

その他